働く場所によって異なる看護師の役割

看護師の仕事は様々ですが、大きく分けて、医師の指示で行う医療行為、患者のケア、カルテや患者の容態などの情報管理があります。また、同じ職場でも病院のどこで働くかによって、その仕事は異なります。

外来で仕事をする外来看護師、病棟で入院患者を担当する病棟看護師、手術室で医師を補佐するオペ・ナースなどと呼びます。外来で働く人は、外来で患者への問診やカルテの確認をはじめ、医師の指示にしたがって血圧測定や注射などを行います。

病棟で働く場合は、入院患者の朝の検温や血圧測定、食事や排泄の介助、体位交換などのケアやベッドメーキング、また医師が回診する際、患者の様子を伝えるなどの仕事を行います。

オペ・ナースは、手術室の業務を主とし、手術器具の出し入れや、執刀中の医師に器具を手渡すなどの作業を行います。最近は病院以外の職場で活躍するケースも増えています。