2012.01.13

薬が作用するプロセス

体内における薬の動き、つまり効き目が現われるまでのプロセスをキチンと理解しておけば、薬の選び方、使用法を間違えることは無いでしょう。口から飲んだ内服薬が、血液の流れにのって全身に運ばれ、患部に達して役目を終え、体外に排泄されるまでには、次の4つのプロセスがあります。

@小腸で吸収される
食道を通り胃に入った錠剤やカプセル剤などは、薬と一緒に飲んだ温めの白湯や水と胃酸によって、壊れたり溶けたりします。この水溶液は胃の蠕動運動で小腸へ送られます。

A心臓から全身に分布される
小腸で吸収された薬の大部分は、静脈に入り腸の血液を集めた門脈を通って血流に乗り、心臓に到達します。心臓から全身に分配され、病変部位で作用します。

B肝臓で代謝される
肝臓は、口から入ってきた薬や、体が必要としない物質を解毒する働きをしています。この無毒化作用を代謝といいます。

C腎臓から排泄される
役目を終えた薬は腎臓から尿と一緒に体外へ排泄されます。早く体外へ排泄される薬は作用持続時間が比較的短く、長い時間をかけて排泄されるものは持続時間が長いという特徴があります。

2011.10.25

採血などの処置の際に看護師を選べるか?

患者さんによっては、処置の上手い、自分の好みの看護師を常に自分の担当にしてもらいたいという方がいます。確かに、患者さんは採血や点滴をはじめ、さまざまな処置を受けますので、「この人なら安心」と思うこともあるでしょう。

また、患者さんも看護師も人間ですから、相性の合う人とそうでない人もいるはずです。しかし、看護師はプロとしてチームで仕事をしています。処置などに際して、患者さんの希望にあわせて看護師を選ぶことはできません。もし特定の看護師に不都合なことがあれば、師長に相談してください。

また、担当の看護師についても同様に、指名することや、患者さんの希望で交代してもらうことはできません。ただし、よほど我慢できないようなことがあった場合や、不利益が生じた場合には、やはり師長に相談しましょう。

2011.09.23

血液学的検査

赤血球、白血球、血小板は、いずれも骨髄のある造血幹細胞から分かれて作られます。血液1立方メートル中に、それぞれが400〜500万個、5000個、12万〜35万個程度存在しています。

赤血球は、酸素を全身に運んでいます。赤血球下減るのが各種の貧血で、一番追い原因は、酸素と結びつくヘモグロビンの材料である鉄の不足です。

白血球は、体内に侵入した病原体や遺物などを攻撃する免疫システムの主役です。好中球、好酸球、リンパ球など大きく5種類に涸れられ、それぞれの働きが違うので、種類ごとの割合(白血球分画)や、異常な形の細胞の有無も見ます。

血液のがんの代表格である白血病は、いずれかの種類の白血球が異常に増殖します。白血病には急性と慢性、骨髄性とリンパ性の区別があり、急性骨髄性白血病では、骨髄内で白血球が増殖して逆に血液中の白血球が減少する場合もあるので、詳しい検査が必要です。

血小板は、血管の傷をふさいで出血を止めます。止血には十数種類の凝固因子と呼ばれるたんぱく質も関与します。出欠がちゃんと止まるのか、手術や出産の際には必ず血液凝固を調べます。

2011.09.13

加古川市の看護師の賃金

看護師の賃金は額面だけでとらえると一般労働者から見ると高いと感じるかもしれません。しかし、月8回以上もの夜勤手当と時間外手当が含まれた額面だということを忘れてはいけません。

看護師がいわゆる女性の労働として見られ、若いうちの安い労働力と考えられている傾向があります。しかし、患者にしても技術に秀でたベテラン看護師に注射や点滴をしてもらいたいという希望は当然あります。

労働環境にくわえて、賃金も看護師が長く勤める女王件の中の一つです。ストレスの高い夜勤をしているのに、一般企業の事務職と同じ水準では明らかに低すぎます。夜勤が少ない病院、高給与のクリニックの募集など加古川市 看護師 求人を掲載しています。

病院内のコメディカル(医療従事者)と比べても、多職種のように賃金カーブは上昇しません。20代のうちは看護しには夜勤などの手当てが付くためほかより高いですが、30代以降で抜かれていきます。薬剤師には35歳までに、臨床検査技師や理学療法士にも40歳あたりで給与額は追い越されます。

posted by puti-nurse at 12:56| 医療と看護

2011.09.04

働く場所によって異なる看護師の役割

看護師の仕事は様々ですが、大きく分けて、医師の指示で行う医療行為、患者のケア、カルテや患者の容態などの情報管理があります。また、同じ職場でも病院のどこで働くかによって、その仕事は異なります。

外来で仕事をする外来看護師、病棟で入院患者を担当する病棟看護師、手術室で医師を補佐するオペ・ナースなどと呼びます。外来〜は、外来で患者への問診やカルテの確認をはじめ、医師の指示にしたがって血圧測定や注射などを行います。

病棟〜は、入院患者の朝の検温や血圧測定、食事や排泄の介助、体位交換などのケアやベッドメーキング、また医師が回診する際、患者の様子を伝えるなどの仕事を行います。

オペ・ナースは、手術室の業務を主とし、手術器具の出し入れや、執刀中の医師に器具を手渡すなどの作業を行います。最近は病院以外の職場で活躍するケースも増えています。

2010.12.20

生活習慣病の予防には特定健診だけでは不十分

長時間労働やストレス、喫煙や飲酒、運動不足、偏った食生活など生活習慣病のリスク要因に囲まれて生活している今日、それを予防するには特定健診の必須科目だけでは十分とはいえません。

特定健診では、不整脈や狭心症、心筋梗塞など心臓の異常を見分けるための心電図検査や、貧血の診断に用いる赤血球数や血色素量の検査が必須ではなく、医師が必要と判断したときのみに実施するとされています。

また、クレアチニン検査は従来の老人保健事業の基本健康診査では必須でしたが、特定健診では廃止されました。クレアチニンの検査は慢性腎臓病の早期発見に役立ちます。高ければ高いほど、腎臓の障害が大きいとみなすことができます。莫大な医療費がかかる透析への移行を防ぐためにもクレアチン検査は必要だと専門家は指摘しています。

尿酸値も特定健診やサラリーマンが受ける定期健診の必須項目から外れています。尿酸値が高い場合、まず疑われる病気は痛風ですが、腎結石や慢性腎臓病とともに、メタボリックシンドロームとの合併症にも注意が必要です。

がんについては、定期健診の胸部X線検査(肺がん)のほか、健康増進法に基づく個別のがん検診を受ける必要があります。ツアーナースは修学旅行、体験学習、遠足、熟年旅行などに付き添い、旅行者の健康管理を行い、旅行付き添い看護師とも呼ばれています。

2010.10.30

病気の治療を目的としない生活改善薬

病気の治療や予防に使用する医薬品ではなく、日常生活において気になる症状や体調などの改善、生活の質の向上を目的として使用される医薬品のことを生活改善薬といいます。

代表的なものとしては、タバコのモンスターそ登場させたCMでお馴染みの禁煙補助薬のニコレット、勃起不全治療薬のバイアグラ、経口避妊薬のオーソ、育毛薬のプロペシアなどが承認されており、痩せ薬のメリディア、シワ取り薬のボトックスなどが開発中となっています。

1990年代以降に多くの生活改善薬が承認されていますが、これは海外からの個人輸入が増加したため、日本での承認を急いだことが影響しています。

これらの生活改善薬は医療用医薬品として承認されていますが、病気の治療や予防を目的としないことから、医療保険の給付適用外となっており、その他の診察料や検査料などの一連の診療費用も含めて全額自己負担となります。

空いている時間をの有効に利用したり、将来に備えた貯金などを目的として、看護師の夜勤専従が人気です。看護の需要拡大と深刻な人材不足を受け、看護師の確保の一環として、仕事と家庭の両立できる環境づくりが急がれています。その一環として、ジョブシェアリングのなかに夜勤専従を取り入れている病院が増えてきました。

2010.10.09

インフルエンザの検査

発熱などインフルエンザが疑われる症状があった場合に行われる検査で、直ぐに判定が出る迅速検査と検体を専門の機関で遺伝子検査する2つの方法があります。人に感染するインフルエンザは主にA型とB型がありますが、A型は変異が激しいため、多くのタイプが存在しています。

主な症状としては高熱、それに伴う関節痛や筋肉痛、頭痛、悪寒、全身の倦怠感などが挙げられます。喉の痛みや咳など歩痛の風邪と似た症状や、下痢や腹痛を起こすこともあります。

タミフルをはじめとする治療薬は、発症から48時間以内に服用しないと十分な効果が期待できないため、上記の症状が気になった場合には、できるだけ早く医療機関で検査を受けることが大切です。

外来などで行う迅速検査は、鼻や喉を綿棒で擦ったものや、鼻にチューブを入れて吸引して採取したものを、専用のキットにつけるもので、20分前後で判定が可能になっています。

クラミジアを治療せずに放置していると不妊症の原因である卵管狭窄症、卵管閉塞症を引き起こす怖い病気です。自覚症状が現われにくいのが特徴ですが、おりものが急に増加したり、不正出血や下腹部痛が気になる方は、婦人科を受診しましょう。

2010.09.26

医師と薬剤師の医薬分業制度

患者の診断と治療、そして必要な薬剤について処方箋を医師が作成し、薬剤師がその処方箋に基づいて個々の患者の薬暦を管理しながら調剤を行い、さらに服や騎士道をする役割分担のことを「医薬分業制度」といいます。それぞれぞのせん問的な能力を発揮して、国民医療の質的向上を図ることを目的としています。

医薬分業を推進することにより、以下のようなメリットを享受できる一方、現行の診療報酬体系では、患者の一部負担額が高くなるという問題等も含んでいます。

1.十分な服薬指導を行うことが可能になり、患者の薬に対する理解力が高まり、コンプライアンスの向上が期待できます。
2.かかりつき薬局が薬暦管理を行うことで、複数の診療科を受診することによる重複投薬や相互作用をチェックすることができます。
3.処方箋を患者に交付することで、患者自身が服用薬を知ることが可能になります。
4.医師が使用したい医薬品を用いて患者に際算の処方を行うことができます。
5.病院薬剤師の外来調剤業務が軽減することにより、入院患者に対する病棟活動に力を入れることができます。

医薬品の承認に際しての有効性・安全性に関する情報は、限定された条件の下で実施された治験から収集されたものであり、実際の医療の現場とはいくつかの面が異なっています。したがって、開発段階時の情報だけではなく、販売後に広く患者に使用されたときに起こりうる副作用等の情報を収集・報告する目的で行われるのが市販後調査(PMS)です。

2010.09.13

日本でも普及してきた外来化学療法

がん治療において、化学療法は手術や放射線療法と並び重要な位置を占めています。化学療法は入院して行うものだというイメージが強いと思いますが、最近では外来通院、つまり日帰りで治療できる医療機関が増える傾向にあります。すでにアメリカでは、骨髄移植などの難しいケースを除いては、ほとんどの化学療法が外来で行われるのが普通となっています。

外来における抗がん剤治療は、患者さんが家族と日常生活や仕事を継続できること、体調に応じて好きな食事ができるなど、QOL(生活の質)を高くするのに重要な役割を果たしており、そのニーズは年々高まりを見せています。

外来の施設には治療専用のベッドやリクライニングチェアがあり、そこで点滴による抗がん剤の投与を受けます。使用される抗がん剤の数や種類によって多少の違いはあるものの、所要時間は、30分〜長くて半日くらいです。移動は大変ですが、気分が悪くなければ食事もとれます。また、読書はもちろん、DVDプレーヤが備え付けのところも多いため、映画鑑賞もできます。

白血病などの際に移植して病気を治療できるように、出産の際に造血幹細胞をたくさん含んでいる赤ちゃんのへその緒の血液を保管する臍帯血バンクを利用する方が増えています。

2010.07.27

人間ドック健診情報管理指導士

通称「人間ドックアドバイザー」と呼ばれている専門資格で、日本人間ドック学会が、日本病院会の協力のもと認定を行っています。平成20年から生活習慣病の予防のために特定健診 保健指導が実施されるようになったことから、被保険者や被扶養者に対し適切な特定保健指導を行うための専門家として認定された資格です。

認定の要件としては、医師、保健師、管理栄養士の資格を有すること、人間ドック健診情報管理指導士の研修プログラムに参加することが必要です。プログラムでは、メタボリックシンドロームの概念や、喫煙・アルコールに関する保健指導など、特定保健指導に必要となる知識・技術を2日間にわたって学びます。

なお、5年後との更新制となっており、更新に必要な定められた講義を認定期間中の5年間に2回以上受講することが必要となります。新薬の開発には、医師や研究者だけでなく、治験ボランティアの方々の協力が欠かせません。

2010.07.06

看護師の臨床実践能力の評価

看護師の臨床実践能力の評価は、スタッフナースのベッドサイドでの看護ケアを評価し、モチベーションを高める方法です。方法としては、臨床実践(直接ケア)での達成度を段階に分け、評価表を作り、評価します。そして、これをもとに看護師の昇進、昇格を行うもので、クリニカルラダーシステムと呼ばれています。

現在、クリニカルラダーの理論的なバックボーンとしては、臨床実践スキルを「初心者からエキスパートへ」の4段階に分けてア、べナー看護論が有用とされています。べナー看護論におけるモデルは、技能を学習して習熟していくときには、一般的には初心者→新人→1人前→中堅→エキスパートをたどるという理論を看護に適応したもので、それにより、各々の段階で何に習熟し、あるいは未熟であるかを客観的に明らかにすることができます。

臨床現場では、身につけなければならない技術が多くあり、新人ナースでは、何からどのようにすればよいのかさえわからず、混乱してしまいます。配属されたセクションに応じて必要な技術は異なりますが、大切なことは、マニュアルに沿って実施すること、基本技術のマスターが大切であることを徹底することです。

ラダーレベル1(定められたマニュアルに沿って、あるいは部分的に指導を受けながら、日常の看護業務が実践できる)ではそのような基礎レベルのものですから、新人ナースは例えば、「ラダーレベル1を1年かけてクリアするつもりで」と目標を明確にすると効果的です。

毎年、上のレベルのラダーを目指したり、クリアできなかった項目を目標にして、段階的に技術を習得すべきことを意識づけます。MRIMRAで脳卒中や脳腫瘍の危険因子を早期に発見する脳ドックを受けられる病院・クリニックを紹介しています。

2010.07.05

女性に多い鉄欠乏性貧血

体内の鉄分が不足するために起こる貧血は鉄欠乏性貧血と呼ばれています。鉄は赤血球の中心となる成分ですが、不足すると体の各組織に酸素を届ける役割を担っているヘモグロビンが上手く作られなくなり、ヘモグロビン量が不足してしまいます。

鉄分が不足する原因としては、@胃や腸の潰瘍やがん、子宮筋腫などの病気で、少量の出血が長期にわたって続いている、A月経による定期的な出血、妊娠によって胎児に鉄分を取られてしまう、B食生活のバランスが崩れたり、無理なダイエットを行っている、B胃の切除などを受けため、鉄分を胃酸で十分に溶かしきれず、上手く吸収されていない…などが考えられます。

鉄欠乏性貧血は女性に多いのが特徴で、月経の開始から閉経までの期間のうちおよそ1割の方が該当するとされています。なかでも、体の成長期にあり、鉄分が多く必要とされながらも、偏った食生活やスタイルを気にしやすい中学生の場合は、2割が鉄欠乏性貧血の状態にあります。

2010.07.02

糖尿病の強化インスリン療法

ここでいう「強化」とは、徹底的に血糖値を挙げないように、インスリンを頻回に注射し、厳格に血糖値コントロールを強化するという意味です。例えば、妊娠をする予定がある人、これから絶対に血糖値を上げたくないとか、合併症を進めたくないと決心している患者さんに必要となります。

一般に血糖値測定は、最低、食膳と寝る前の1日4回は測定しなければなりません。そこで測られた血糖値にあわせて速効型インスリンや超速効型インスリンと、中間型か持効型インスリンを組み合わせて使う必要があります。

強化インスリン療法のやり方は、一番自分が自由にできる時間、一般的に跳ねる前にやや作用時間が長いインスリンを注射しておきます。日本人の体格の場合、12単位から24単位くらいまでの量で済みます。逸れによって、朝の血糖値が低めに調節できます。

次に、書く食事によって上がる血糖値に対して適切な速効型インスリンか超速効型インスリンを追加することです。最初のインスリン量やパターンの設定をするにも、おおよその原則はあるものの、その人に確実にあったやり方というものはありません。したがって、そのつど主治医と相談しながら、また自分の生活様式との兼ね合いを考えながら変更し、最もあったやり方を自分で見つけていく必要があります。

2010.06.29

専門職としての看護師

ナースという言葉は英語で「育む」をいみする、nourishを語源としています。これは、看護が人々の健康、成長、生命の維持に必要なものを与え、お世話をしていく仕事であること、そして人々を育む仕事であることを示しています。

歴史的には、看護という仕事は、家庭のなかで病気になった人を看病することから始まりましたが、やがて子供や病人のケアが、専門の女性によって担われるようになり、ナースという専門職が確立されました。

ナース(以下看護師)は医師弁護士などの職種と同様に「専門職」の1つとして広く認められていますが、看護倫理の世界的な第一人者であるアン・J.デービスは、専門職を@科学的基盤を持っている、Aサービス志向である、B倫理規定がある、C専門職組織がある、D研究を実施する、E自立性を有している、という6つの要件を満たす職業であると定義しています。

また、ナイチンゲールは看護師を、@病気に対する看護;患者が回復するために自己修復過程を用いるのを援助すること、A健康に対する看護;疾病予防、の2つの指名を持つ専門職である、と考えています。専門職の語源であるprofessという単語には「公言する」という意味があります。このことは専門職が、こうした自らの仕事を果たすことを、社会に向けて公言し、実行する職業であることを示しています。企業において社員の健康管理にあたる産業看護師が、心の不安を抱える人が増加するなか、注目を集めています。

したがって、専門職としての看護師は、社会と深いかかわりを持ちます。米国看護師協会は看護と社会のかかわりについて、次のように規定しています。

@看護は他の専門職と同様、社会に欠かすことのできない構成要素であり、社会のニーズを反映している。専門職は、自身が属する文化との関係において、以下に承認され、いかなる意義を持つかが決定される。

A専門職の有する技能や知識は、社会から要求され、決定されている。これらの専門的な技能や知識は、個人の資産ではあるが、専門職という存在自体は、社会的に資産である。

B社会は権限を与え、業務遂行に際しては相当度の自立性を許している。専門職は、そうした社会からの信頼に応え、責任を全うしうる行動を取らなければならない。